米国オーケストラによる 映画音楽 近現代曲 コンサート探訪記

サントラファンが書く、米国オーケストラによる、映画音楽、近現代音楽演奏会探訪記録および所感。

VOL.3 ; 2017年1月7日 探訪 プロコフィエフ編 PROKOFIEV ; ALEXANDER NEVSKY  FILM WITH ORCHESTRA

 

PROKOFIEV ; ALEXANDER NEVSKY  FILM WITH ORCHESTRA(ADAPTATION BY WILLIAM D BROHN)

DAYTON PHILHARMONIC ORCHESTRA CONDUCTED BY NEAL GITTLEMAN ,CHORUS CONDUCTED BY HANK DAHLMAN

RYU KYUNG KIM MEZZO SOPRANO

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

プロコフィエフは、いくつかの映画音楽を手掛けており、以前から愛好していた作曲家の一人。特にEISENSTEINとの共同作業による2作品ALEXANDER NEVSKY、IVAN THE TERRIBLEは、カンタータ形式に改編されて、頻繁に演奏される機会が多い。過去には、このカンタータ形式しか聞くことができなかったが、1987年プロデューサーのJOHN GOBERMAN と編曲者 DAVID BROHNによりカンタータ曲およびサントラサウンドからの編曲で映画サントラのスコア―を復元し、1987年PREVIN指揮のROS ANGELES PHIL でシネマコンサート形式で初演された(当日のプログラムから引用)、これは後にBMG盤でCD化され、当方も保有し長く愛聴している。今回の演奏会は、LOS AGELES PHIL で演奏された、シネマコンサート形式と同一になる。原版スコア―からの再編、新録は後に、SCHNITTKE の映画音楽新録シリーズ他を手掛けたAPRICCIO盤からでており、これがサントラに一番近いと考えられる。聞き比べると、やはり演奏会を意識し,一部のアレンジを加えた(特に楽曲:ICE BREAKEは、原版で使用されている弦楽部を超強烈パーカッションに変更したり、最後に水没するドイツ敵兵を茶化したホルンを廃止している)BMG盤の方が演奏会には効果的と感じていた。 さて、実際の演奏会では、 生オーケストラと映像効果により、氷上の戦いほかのドラマテックな表現を感じ取れたが、 以外にも感動を受けたのは、戦いで死んだ兵士を映し出す映像と、その映像の前で、RYU KYUNG KIMが感情込めて哀歌を歌い上げた場面である。このような、状況を作れるのは、独唱付きのシネコンサートだけで、これは単なるCDの鑑賞やカンタータのみの演奏会では得られない経験である。プロコフィエフは、いまだ新録されていない映画音楽が、いくつか存在しており、今後のCD化とともに、新たな演奏会実現を期待する。

f:id:chenstyletaiji:20170227215737j:plain f:id:chenstyletaiji:20170227215823j:plain f:id:chenstyletaiji:20170227215841j:plain

 コンサートホールのSCHUSTER CENTER        開演前 会場の雰囲気