読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北米演奏会探訪記

映画音楽、近現代作曲家作品や、米国演奏会についての自己備忘録的日記

VOL.6; 2017年 3月4日探訪  LEONARD BERNSTEIN SYMPHONIC SUITE FROM ON THE WATERFRONT

 

LEONARD BERNSTEIN   SYMPHONIC SUITE FROM ON THE WATERFRONT

AUGUSTA READ THOMAS VIOLIN CONCERT NO.3

AARON COPAND     SYMPHONY NO.3

CLEAVELAND ORCHESTRA CONDUCTED BY BRETT MITCHELL

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

クリーブランドオーケストラによる、米人作曲家特集。当方にとって、今回の目玉は、コープランドとバースタイン、師弟の作品を集結させた点に興味深々。特にバーンスタインの映画音楽、波止場組曲はバースタイン作では一番の好み。すでに数多くの録音、演奏会の実績がある作品である。師コープランド同様、米国の音色を前面に押し出した音を、感じ取ることが出来る。コープランドの映画音楽同様、従来のハリウッド作曲家とは異なる。波止場に、はびこる暴力と主人公テリーとイディのロマンス、そして感動のラストシーン、これらを交響詩の形で組み上げた逸品である。当方にとって、生オケでこの組曲を鑑賞するのは、初めて。最前列に陣取ったおかげで、CDでは聞き取れない弦楽部分の演奏が印象的であった。ところで、すでに紹介済みのプロデューサーのJOHN GOBERMANがこの作品のシネコンサートをすでにリリースしている。当方、残念ながら、探訪する機会を逃しており、次回チャンスがあれば参上したい。次にAUGUSTA READ THOMASである。新進気鋭の作曲家で、数多くのCDがリリースされている様であるが、彼女の作品をこれまで鑑賞した経験はない。今回の作品からは、かなり抽象的な表現でコープランドとバースタインの対極に位置するかの様である。意図的に、このようにプログラムを組んだのかもしれない。最期にコープランド交響曲3番。この作品は当方にとって、初のコープランド鑑賞曲であったと記憶する。やはり圧巻は市民のためのファンファーレから始まる、最終楽章の盛り上がりである。プレコンサートのプレゼンテーションでクリーブランドオーケストラのバイオリニストが、この曲の解説を実施したのであるが、この最終章の演奏が、かなり急速で困難だと、ぼやいていたが、十分理解できる。弦楽だけでなくパーカッションも気持ちよく鳴ってくれた。米国作曲家の作品を、米国のオーケストラで、米国のコンサートホールで鑑賞するからこそ得られる感動だろう。噂に聞くように、ここSEVERANCE HALLの音響効果はかなり良いと感じた。

f:id:chenstyletaiji:20170310045131j:plain

コンサート会場SEVERANCE HALL