米国オーケストラによる 映画音楽 近現代曲 コンサート探訪記

サントラファンが書く、米国オーケストラによる、映画音楽、近現代音楽演奏会探訪記録および所感。

VOL.8; 2017年 3月25日探訪 プロコフィエフ編 その3 SERGEI PROKOFIEV; SELECTIONS FROM ROMEO & JULIET

SERGEI PROKOFIEV; SELECTIONS FROM ROMEO & JULIET

                  (COMPILED BY ANDREY BOREYKO)

GABRIEL PROKOFIEV; CONCERTO FOR SAXOPHONE AND ORCHESTRA

OTHER

DETROIT SYMPHONY ORCHSTRA CONDUCTED BY ANDREY BOREYKO

-------------------------------------------------------------------------------------------

VOL 5でも述べたように、今年はプロコフィエフ作品が聞ける機会が多い。プロコフィエフ好みの当方としては嬉しい。プロコフィエフは一般的に、米国の聴衆にも受けが良いと思われる。今回足を運ぶきっかけとなったのは、プロコ作品でも一番好みのロミジュリが聞ける事、そしてプロコフィエフの孫にあたるGABRIEL PROKOFIEVの作品が聞ける事である。同族2者の作品を配したプログラムに釣られて参上してしまった。ジャズ表現の最先兵器サクソフォーンを使うが、あえて、そのジャズ表現を避けて、管弦楽作品として仕上げたかったとのことである。第一楽章は大胆にもヒップホップ風と銘打った曲で興味をそそったが、曲想リズムからは、その意図を聞き取ることができなかった。オーケストラとサキソフォーンのやり取りに,その模倣を意図したのかもしれない。ヒップポップとオーケストラの融合といえば、自分としては、デビットアーノルドが一連の007作品で見せた、オーケストラをベースにスクラッチ及びシンセ打ち込みを配した音楽を想像してしまうが、そのような形態とは、かけ離れており、純音楽としての品位は保たれていたと思う。他楽章管弦楽の表現は、全体的に聞きやすくわかりやすい明確なリズムを配し悪くなかった。最終楽章は明らかにストラビンスキーの春の祭典を模倣しており、エンディングもそっくりであった。この人、祖父の音楽は引用しておらず、意図的なら、それを想定した聴衆への、カウンターパンチであろうか?いずれにせよ、引用効果もあり最後に盛り上がったと考えている。次に本命のロミジュリであるが、演奏は悪くないのだが、指揮者ANDREY BOREYKOが編曲した組曲の編成が不自然な印象が強い。プロコフィエフ編の第二組曲と同様、大公の宣言から始まるのだが、エンディングではモンタギューとキャプレット家に戻ってしまう。全曲、組曲同様、ジュリエットの死を取り上げ、原作と同様の悲劇の締めくくりにすべきではないかと考える。アンコールのつもりであろうか?違和感が残った。