米国オーケストラによる 映画音楽 近現代曲 コンサート探訪記

サントラファンが書く、米国オーケストラによる、映画音楽、近現代音楽演奏会探訪記録および所感。

VOL.30 ;2018年4月21日探訪 デューク・エリントン編 Harlem

Ellington – Nutcracker Suite
Gomez – Latin Jazz Suite for Trumpet and Orchestra*
Schoenfield – Four Parables
Ellington – Harlem

Toledo Symphony Orchestra conducted by Sara Jobin
Natasha Paremski, piano
Lauraine Carpenter, trumpet

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回はトレド響によるシンフォニックジャズ特集になる。特にEllingtonの楽曲を2曲配し、Classical Ellingtonと題している。Ellingtonに関しては、Anatomy Of A Murder 、Assault On A Queen等 の映画に音楽を提供しており、純粋な彼のジャズ音楽ファンのみならず、ファンサントラファンとしても興味あるところである。当方は、ジャズと管弦楽による劇音楽を絶妙に融合させた表現が好みで、クインシージョーンズ、ジェリーフィールディング、ラロシフリン、ロイバッド、デーブグルーシン等々のジャズ畑出の映画音楽作曲家もしくは、アレックスノース等ジャズ表現を得意とする映画音楽作曲家群を好んで鑑賞してきた。ジャズのクールな表現がサスペンス表現にフィットするところから、比較的アクション、サスペンスの劇伴音楽に多用される事は承知の事である。Ellingtonの映画音楽に関しては、ジャズ要素が95%以上で管弦楽による劇音楽効果は少ないと感じてきた。ジャズで名を成した、本流の巨匠ゆえ、これも仕方がない。ちょうど、ラベルに映画音楽作曲の依頼があったとき、逆に、映像を音楽に合わせろと要求した逸話を連想させる。それでも、時折、劇音楽との微妙な融合を感じ取れる部分がある事は事実である。以上がコンサート前に抱いてきた印象であるが、今回のコンサートで少し考えが変わった。ジャズ表現の楽器を加えてはいるものの、楽曲を演奏するのは、紛れも無い交響楽団(トレド響)で音響効果の良いコンサートホールでの演奏体験は、これまでの鑑賞とは違った印象を得る事ができた。さて演奏である。

一番の目玉はHarlemである。当日プログラムによると、この楽曲は、名指揮者トスカニーニが1950年、NBC交響楽団のために、ニューヨークを表現する一連の新曲演奏の企画を立てた中の一つで、Ellingtonにはハーレムを表現する音楽の作曲依頼があって誕生した様である。興味深い話である。ジャズ表現が主体ではあるものの、時折見せる弦楽との絡みは、コンサートホール効果もあって、ゴージャス感、クール感を存分に楽しめた。

 もう1曲は、なんと Nutcracker のジャズ編曲版である。クラシック曲が完全にビックバンドジャズに変貌していた。当日のプログラムによると、この曲に関しては、発表当時はバンドメンバーからも疑問視する声があった様だ。当方の個人的印象も同様である。自分的には、このような編曲作品よりもEllingtonのオリジナルの作曲の方が興味を持てる。自分的には、管弦楽要素が多い、New World A Comin や Three black kings あたりが演奏されれば最高であったと感じる。

残り2曲は、米国の現代作曲家による、やはりジャズと管弦楽の融合を主題にした作品。Gomezの作品は、今回世界初演との事で、演奏後、作曲家が舞台上に登場し喝采を浴びていた。彼女はサンアントニオ響のレジデントコンポーサーでラテン、アフリカンおよびネーティブアメリカンの音楽から着想を得た作品を得意としている様である。Latin Jazz Suite はLatin Jazz をベースとしたトランペット協奏曲で聴きやすい作風。ラロシフリンもラテン音楽の影響を受けた協奏曲作品群や映画音楽の録音を残しており、それらとの類似性を感じた。Schoenfieldの作品は弦楽主体の抽象表現が突然、乗りの良いJazzに変化するもので、意図的な作曲とは理解できるが、自分的には、斬新感よりも唐突感、不自然感が残った。Classical Ellingtonと銘打ったのであるから、全曲Ellington作品で統一した方が良かったのでは?と、個人的には感じた。

f:id:chenstyletaiji:20180424055832j:plain f:id:chenstyletaiji:20180424060105j:plain

コンサートホール入り口       ユニークな作りのホール